某研究室のHP管理人がぼやくblog


by sukura_shinya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

感想文が表示的無くなったので

ファインマン物理学」を読む 量子力学と相対論を中心として

200ページ弱と薄いのですぐ読めます。ファインマンは朝永振一郎と一緒にノーベル賞をとった人で、「ファインマン物理学」はそのファインマンの講義を元に作られた教科書です。世界的にも評価の高い教科書なんですがで、いきなり読むのは辛そうなのでワンクッション置いて「ファインマン物理学」を読むを読んでみる事にしました。
で、読んでみた感想としてはファインマン物理学はかなり直感的に分かりやすそうな教科書だなって感じです。特に量子力学に関しては、大学で習った時は数式が出てきてそれを解くことが重要だったような印象ですが、ファインマン物理学だと式の意味の方が重要で分かり易そうです。
量子力学は習ったけれど実際の式の意味は良く分からないって人には是非お勧めの一品です。
ファインマン物理学を読んでみようと思いました。


宇宙はこうして始まりこう終わりを告げる―疾風怒濤の宇宙論研究
量子電磁気論を学んだら、次にお勧めなのはコレ。1950年代に宇宙が膨張している!とハッブルが気がついてからの宇宙論が90年代まで記されているのでかなり厚い本です。大体はNHKスペシャルなどを見て知ってましたが、改めて読むと自分の身になる気がします。
宇宙論が天文学から物理学、素粒子学、最終的には数学へとたどり着く過程が描かれています。色々な宇宙論が時系列的にその背景にある物語を元に紹介されています。宇宙論に興味のある人は是非!


量子進化―脳と進化の謎を量子力学が解く!
最後に、上の二つを読んで尚も量子力学と宇宙について興味を持った人にはコレがお勧め。
生物が何故発生したのか、そもそも宇宙はどうしてできたのかを量子力学的見地から切込みを入れています。煙に巻かれたような結論ですが、ナルホドと思わせる本です。コレを読む前に量子コンピュータに関する一般書を読むのも良いかもしれません。


広告商品を貼りつけ利益を得る行為を禁止しているため、これらに該当する内容は投稿できません。と警告されて記事が表示できなくなったので、一部改変。ただし、私はAmazon アソシエイト・プログラムを利用していないので、利益は得られません。よって只今抗議中。
[PR]
by sukura_shinya | 2005-04-12 10:20 | 日記