某研究室のHP管理人がぼやくblog


by sukura_shinya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:都庁ウンチク( 8 )

都庁ウンチクに関しては、カテゴリーの都庁ウンチクでまとめてみることができます。

遅々として進まない都庁ウンチクです。前回に引き続き明治神宮に関するウンチクを少々。
明治神宮は内苑と外苑に分かれており、神社があるのが内苑で神宮球場などがあるのが外苑と呼ばれています。これは管轄の関係のため外苑も神社の一部になっているためです。というわけで今回は明治神宮外苑を詳しくご紹介。

聖徳記念絵画館
明治天皇にまつわる幕末・明治期の政局を描いた絵画を中心に展示されています(大人500円)。そもそもなぜ歴代の天皇の中で明治天皇だけが明治神宮に祀られているのかというと、西洋諸国がルネッサンスから300年もかかった近代化明治維新後にたったの40年で成し遂げた点にあります。その40年にわたる歴史を絵画を中心にして閲覧することができるようになっています。

明治神宮球場
プロ野球においてヤクルトスワローズの本拠地として有名ですけども、持ち主はもちろん明治神宮です。また、アマチュア野球においては東京六大学野球連盟の一部リーグの開催地でもあります。
神宮球場が東京六大学連盟の尽力によって建設されたという事実と所有者の明治神宮がアマチュア野球を優先してきたという歴史的な経緯のため、興行収入の関係からスワローズへの配慮はありますが神宮球場の優先使用権は東京六大学野球連盟にあります。リーグ戦時以外には球場が開くので、スワローズに貸しているという体裁らしい。
ちなみに、神宮球場で開催される早慶戦は世界三大学生競技の一つです。世界三大学生競技 とは早慶戦、ケンブリッジ大学対オックスフォード大学のボートレース、ハーバード大学対エール大学のフットボールです。誰が決めたか知りませんけど。
都庁からは国立競技場の横に見えます。

国立霞ヶ丘競技場
元々は明治神宮外苑競技場だったんですが、アジア大会及び東京オリンピックのために1956年に国に譲渡されました。毎年お正月にはサッカー天皇杯が開催されますね。
都庁から見ることができます。
コメントに質問がありましたが、国立霞ヶ丘競技場は普通は国立競技場と呼ばれることが多いですね。

b0053166_16285651.jpg

目の前に見えるのが、国立霞ヶ丘競技場でその右の青いスタンドが神宮球場。
左に見える尖ったビルはNTT本社ビル
[PR]
by sukura_shinya | 2005-05-18 10:38 | 都庁ウンチク
都庁ウンチクに関しては、カテゴリーの都庁ウンチクでまとめてみることができます。

徐々に都庁のウンチクから新宿副都心そして都庁から見える景色にウンチクが移ってますが気にしない気にしない。さて今回は予告どおり明治神宮のお話から。

明治神宮と言えば初詣客が日本一の神社です。あまりに初詣客が多いので、最寄りの原宿駅には初詣専用ホームもあります。初詣時には原宿駅竹下通り口そばにある「マクドナルド」はオールナイトで営業し、なんでも年末年始で一年の売り上げのかなりの部分を占めるらしいです。ちなみに、原宿駅には皇室専用ホームもあります。これは体の弱かった大正天皇がホームから直接車に乗れるようにするために作られたらしいです。

参考リンク
チャレンジ! 関東の駅百選「貼りつぶし」:原宿(JR山手線)
シブヤ経済新聞:参拝者数日本一「明治神宮」のご利益は?渋谷「初詣」マーケット事情

さて、明治神宮の由緒は明治天皇がの崩御後(1912年)に昭憲皇太后が亡くなり(1914年)、その遺徳を偲ぶ国民から夫妻を祭る神社を求める声が高まったとされ、明治天皇が「うつせみの代々木の里はしづかにて都のほかのここちこそすれ」との和歌を詠んだ代々木の地に、大正9年(1920年)11月1日に官幣大社(神社の格式)として創建されたのです。
明治天皇の崩御を偲ぶ例として有名なのは、乃木大将の殉死ですかね。
別に日本人の初詣のために明治神宮が作られたわけではないのです。
ちなみに、通常皇族の霊は皇居内にある宮中三殿の皇霊殿に祀られています。

参考リンク
宮内庁ホームページ


都庁から見ると分かりますが、明治神宮は森そのものです。この森は1920年に100年後に自然の森として育つように作られた人工の森で、全国各地から、約370種、約10万本の木々が献木され、全国から結集した延べ11万人の若者たちにより一本一本植えられました。凡そこの50年後に自然の森となり世界的にも注目を浴びたそうです。現在では多くの野鳥が生息しており、自然の生態系を保つ為に林内への人の立ち入りが制限されています。

参考リンク
農工大 森林生態学研究室 明治神宮の森
アンクルトムズ ホームページ : Uncle・Toms: 明治神宮の森
らっしゃい東京 東京名所;明治神宮

b0053166_16272462.jpg

東京にこんもりと広がる森。右の方に東京オリンピックの旧選手村も見えます。
[PR]
by sukura_shinya | 2005-05-13 16:35 | 都庁ウンチク
都庁ウンチクに関しては、カテゴリーの都庁ウンチクでまとめてみることができます。

一向に進まない都庁ウンチクです。ちょっと機会があれば、もう一度都庁に行きこのウンチク用の写真を撮ってこようかなと思っています。
今回で都庁の近くに見えるビルのウンチクは終わりだと思います。ところで昨日のトリビアでやってたんですが、法律上「高層ビル」と「超高層ビル」の違いはその高さで60m以上だと「超」がつくそうです。何故法律上60mなのかというと、ビルの高さが60m以上になると地震の揺れ方が変わってくるから。そのため、国土交通省では60m以上のビルには地震の揺れに対するコンピューター・シミュレーションを義務付けているそうです。

参考リンク
超高層ビル

さて、もう一度東に目を向けて新宿駅のほうを見ると新宿高島屋があります。東急ハンズのロゴも見えますね。その右手前にJR東日本の本社ビルがあります。都庁側から見ると左右のデザインが違い面白いです。ちなみに、人工地盤の計画が進むと、都庁から新宿高島屋の姿は見えなくなります。

b0053166_1625235.jpg

新宿駅南口。高島屋とJR東日本本社ビル

参考リンク
東京建築ガイド


さて、都庁の東側はコレくらいにして西側を見てみましょう。すぐ真下に新宿中央公園が見えます。ジャブジャブ池があり、夏になると園児が泳ぐらしいです。ただし、年間通して普段は池なのでプール開きするときの消毒が大変らしい。

都庁の西側は特に高い建物が見えないのですが、ビルの屋上を見ると丸にHというマークが見えます。つまりへリポートが見えるのですが、このヘリポートは伊達や酔狂でつけているわけではありません。「高層建築物等におけるヘリコプターの屋上緊急離着陸場等の設置の推進について」という通達によりヘリポートが設置してあるのです。これは、阪神淡路大震災の際に道路が寸断され救急車が入れない場所にてヘリコプターでの救助が頻繁に行われた為、阪神淡路大震災後に主要都市の高層建築物の屋上にヘリコプターを設置するようにしたのです。つまり有事の際に救急用として利用するヘリポートなのです。
ちなみに、救助がスムーズに進むように屋上のヘリポートへの直通エレベータを設置する必要があり、また有事の際以外には屋上が利用できないのでこれらの保持には税金が使われているらしい。

わざわざヘリポートを作らなくても勝手に着陸すれば良いじゃないかと思われるかもしれませんが、航空法上へリポート以外の場所に着陸してはいけないようになっています。おそらくヘリポートの強度などの問題なのでしょう。許可があれば学校のグラウンド等も緊急着陸上にすることは可能です。
ちなみに、丸にHではなく丸にRもあり、こちらは着陸はできませんがホバリングは可能なヘリポート(?)です。また病院のヘリポートは十字マークになっています(参考リンク:ヘリポート施工事例)。

b0053166_16262233.jpg

ヘリポート

参考リンク
病院ヘリポートの必要性
Rotor Wind News Kiseikanwa
東京消防庁のヘリコプター機動部隊


というわけで、今回で都庁の周りに見えるビルのお話は終わり。次回は都庁のすぐ近くに見える森、つまり明治神宮に関するお話をしましょうか。
[PR]
by sukura_shinya | 2005-05-12 12:24 | 都庁ウンチク
都庁ウンチクに関しては、カテゴリーの都庁ウンチクでまとめてみることができます。

都庁の近くのビルでさえ、未だに京王プラザまでしか進んでませんな・・・。
京王プラザから右に、三角形の新宿住友ビルが見えます。この住友ビルは外部は三角の角が取れた形ですが、内部には三角形の空洞があります。これは、チューブ構造と言って空洞が大黒柱のような役割を果たし、地震などの揺れに対応しています。ちなみに、都庁は階層を3つにわけることで地震への揺れに対応しています。都庁の展望台で地震にあっても揺れを感じないこともあるとか。

b0053166_1616992.jpg

三角形な住友ビル

参考リンク
建築用語 ち

その他、都庁近くの面白い構造の建築物として、損保ジャパン本社ビル(旧安田火災海上本社ビル)と新宿NSビルがあります。損保ジャパンビルの台形ラーメン構造で裾は石垣をモチーフにし、この裾で安定した構造になっています。また42階にはゴッホのひまわりを所蔵する損保ジャパン東郷青児美術館があります。ちなみにラーメン構造のラーメンは食べるラーメンではなく、ドイツ語で枠のことです。

新宿NSビルも見所満載です。先ず都庁から見ると、屋上にクリスタルガラスが張られているのが見えます。このクリスタルガラスは日の光を取り込むためにあります。どうして日の光を取り込むかと言うと、1階から30階まで吹き抜けになっているからです。コレは一見の価値あり。また、外部に取り付けられたエレベーターはレインボーカラー、また1階のロビーには高さ29メートルの世界最大の振り子時計があります。都庁を見た後によるのも乙だと思います。

b0053166_16214170.jpg

新宿NSビルのレインボーカラーのエレベーター
b0053166_16202069.jpg

新宿NSビルのクリスタルガラス
b0053166_16205439.jpg

新宿NSビルの吹き抜け
b0053166_16211717.jpg

新宿NSビル内の巨大振り子時計

参考リンク
天空の近未来都市

ちなみに、損保ジャパンビル、新宿住友ビル、新宿三井ビル、新宿センタービル、新宿野村ビルの陰に隠れて新宿歌舞伎町が見えないようになっています。つまり、修学旅行生が来ても大丈夫なようになっています。

b0053166_1616402.jpg

左から、住友ビル、新宿三井ビル、損保ジャパン本社ビル、新宿センタービル
[PR]
by sukura_shinya | 2005-05-11 14:17 | 都庁ウンチク
都庁ウンチクに関しては、カテゴリーの都庁ウンチクでまとめてみることができます。

さて、前回はエレベーターの話をした所で終わってしまいました。今回はようやく展望台に話を移しましょう。ちなみに我々が登ったのは南展望台です。南展望台にはカフェがありますが、このカフェは6万円+飲食代で貸しきることが可能です。

参考リンク
Tokyo Cafe 202


さて都庁の展望台からは色々な所を見ることができます。晴れていれば富士山はもちろんのこと、茨城県の筑波山や群馬県の赤城山も見えるそうですが、残念ながら誰かの行いが悪く曇っていたので見ることはできませんでした。
先ずは近くに見える景色から紹介していきましょう。一番近いのは、第二庁舎でしょうか。何も知らなければ特に見るべきものはないのですが、この第二庁舎に驚きの技術が!
通常窓拭き用のゴンドラは屋上に敷かれたレールの上を移動します。普通なら二本のレールは等間隔なのですが第二庁舎のレールは角で幅が狭まっています。何故そんなことができるかと言うと、ジェットコースターのようにレールをがっちりと挟みレールの幅に合わせる事ができるようになっているからなんです。ちょっとしたことですが、見てみると面白いです。

b0053166_16121672.jpg

レールが端で曲がってますね。

参考リンク
日本ビソー 自動窓拭き機 [縦昇降タイプ]
(*都庁のゴンドラはこの会社ではないのですが、ゴンドラの構造が分かりやすいので紹介)

第二庁舎から右側に目を移すと、新宿パークタワーが見えその左横に小さく副都心の冷暖房を一手に担う室外機が見えます。さらに、右に東京オペラシティが見え、さらにその右に小さな黒いビルがロッテの本社になります。

b0053166_16131733.jpg

東京オペラシティ

参考リンク
都庁から 東京都
東京都新宿区の夜景 都庁 南展望室

さて次に、東にある新宿駅の方に一旦目を移しましょう。都庁の目の前にあるのが、京王プラザホテルです。さて、都庁がパリのノートルダム大聖堂をモデルにしていることは既に述べました。つまり京王プラザの目の前には大聖堂がある、というわけで京王プラザでは都庁が目の前に見えるテラスを結婚式場(カリヨン)にしてしまいました。ちなみにテラスには緑のラインがありそのラインから写真を撮ると都庁が綺麗に入るようになっています。屋外なので雨や風が強い日は利用できず、仏滅なども避けられるので実際に年間利用できるのは延べ3ヶ月くらいとか。
ちなみに、日本初(のホテル内チャペルをオープンしたのは京王プラザホテルだそうです1975年)。

b0053166_16141210.jpg

京王プラザホテルのテラスで結婚式を挙げてました。花嫁退場。
[PR]
by sukura_shinya | 2005-05-10 12:41 | 都庁ウンチク
都庁ウンチク(裏取り済み)1 では結局新宿副都心の話で終わってしまいましたので、今回こそは都庁のウンチクについて語りましょう。
今回は裏が完全に取れていないものは斜体になってます。

都庁の設計は丹下健三で、古くは広島平和記念資料館、広島平和記念公園(1955年)や最近ではフジテレビ本社ビル(1996年) などを設計しています。
都庁のシンボルでもある双塔のモチーフは初期ゴシック建築を代表するノートルダム大聖堂で、下部は江戸城の石垣をモデルにしている。この石垣は天然石が用いられ、石垣なので面を揃えずにわざとゴツゴツに作ってある。石垣があれば堀もあるというわけで、それに当たるのが都庁周りの池で防火用水でもあります。

b0053166_1681134.jpg

b0053166_1682784.jpg

石垣はわざとゴツゴツにしている。

第一本庁舎と都議会議事堂は7階で陸橋で繋がっていますが、知事室から直通でいけるようになっているためです。議事堂の下に広がるのが都民広場ですがこれは、ギリシアの円形劇場をモデルにしているそうで、中央の舞台がしっかりと見えるように18度の傾斜がつけられています。日本の伝統芸能である歌舞伎や能を開催することもあります。これは、若手を育てる為だとか。都民広場と言えばヘブンアーティスト(大道芸)の公開審査でも有名ですね。
b0053166_1692964.jpg

都民広場
b0053166_1694185.jpg

都民広場の18度の傾斜

参考リンク
都庁見学のご案内


さて、ようやく都庁内部のご案内。エントランスから入ると2階なので展望台へのエレベーターのある1階に降りましょう。このエレベーターにも秘密がありまして、エレベーター上部の電灯のデザインはコンピュータの基板が元になっているそうです。これは、都庁のエントランスの天井も同じです。ちなみに、エレベータ内部には監視カメラがあります。
エレベーターの速度もそれなりですが、240m/分程度。ちなみに日本一はランドマークタワーで750m/分。世界一はタイペイ101のエレベーター(東芝製)で60.6km/時(約1km/分)です。なんと、気圧の変化で耳がキーンとならないような工夫がなされているらしい。

b0053166_16103693.jpg

コンピュータの基板を元にしているらしい、エレベータの天井

話がそれましたが、都庁には色々な施設があり東京都防災センターや議事堂の見学も可能です。樋口さんのお勧めは32階の都庁食堂。一番高い寿司ですら600円で食べられると言う驚きの食堂です。ちなみに誰でも利用可。職員に限り夕食時にも利用できるそうです。ただし土・日・祝日・年末年始はやってないのは残念です。
[PR]
by sukura_shinya | 2005-05-09 13:13 | 都庁ウンチク
というわけで、樋口さんより教えてもらった都庁ウンチクをご紹介。
先ずは都庁に関して。

そもそも都庁も含め、新宿副都心は淀橋浄水場跡を昭和35年の「新宿副都心計画」に基づき再開発されたのです。ちなみに、この淀橋と言う地名は新宿駅西口に本店があるヨドバシカメラにその名前が残っています。

参考リンク
副都心の廃線跡
都庁があるけど副都心―1:10,000地形図「新宿」、旧1:10,000地形図「四谷」、「中野」―

さて、淀橋浄水場跡だった名残は色々あるのですが、その一つが玉川上水です。この玉川上水は徳川四代将軍家綱の治世の時、江戸が水不足になったため、庄右衛門、清右衛門兄弟が幕府から命じられて羽村より四谷大木戸までの13里(52㎞)の大開削工事を約8ヶ月という短い期間で作られました。
この功績を称え、幕府は庄右衛門、清右衛門兄弟に玉川という姓を与えたのです。
三鷹市にて、太宰治が入水自殺したことでも有名です。
ちなみに、石原都知事が玉川上水を世界遺産にしようとがんばっているそうですが、跡が残っていないので無理でしょうね。

参考リンク
玉川兄弟の像
玉川上水と玉川兄弟
玉川上水今むかし「プロローグ」

b0053166_1634622.jpg

東京オペラシティ右側に見えるまっすぐな道が、玉川上水の名残です。

さらに淀橋浄水場の跡が、新宿中央公園ナイアガラの滝です。この新宿中央公園には雨水貯留浸透施設があり豪雨時の下水道の負担を軽くしたり、緊急用に雨水を貯めています。
また、副都心の中水システムも担っています。

新宿副都心における中水システムは浄水場だったことを生かしたものですが、その他に計画的に開発されたものがあります。その一つが、新宿パークタワーにある東京ガス地域冷暖房です。エアコンの室外機にあたるものが新宿パークタワーの横にあり、都庁の南展望台から見ることができるのですが、その高さがビル18階分で幅が道路4車線程度もある超巨大室外機です。新宿副都心の冷暖房を一手に担っているのですから大きいにも当然かも。そして、この室外機のウンチクこそが樋口さんとの出会いでした。
このように、浄水場跡にまずライフラインを引き、その後道路及び建物を作ったのが今の新宿都庁なのです。実は、ものすごいテクノロジーが詰まっているのです。

b0053166_1663566.jpg

パークタワーの左に小さく見えるのが、超巨大室外機
[PR]
by sukura_shinya | 2005-05-06 14:35 | 都庁ウンチク
2日のラーメン巡りにて九段の斑鳩後に新宿までやってきたんですが、全然お腹がすかないので何か暇つぶしをと新宿のビル群をさまよっていると、運転手が都庁に登ったことがないというので、入場料もかからないので登ってみることに。

特に何も考えずに、ぼぉ~っと風景を見ているとおじさんに話しかけられました。都庁を始め展望台から見えるビルや、それにまつわる色々なウンチクを教えてもらいました。我々が大学生であったことと、リアクションが良かったからなのかかなり長い間ガイドしてもらったように思います。まぁリアクションが良いのは孔子や先生の話を聞くとき培われたのだろね。
都庁から見えるものの何から何まで知っていたんですが、一体何をやってる人だったんだろう?僕は建築関係をやっていた人ではないかと思うのですが、謎です。
最後に分かれる時に名前を聞いたんですが、本人曰く新5000円札の樋口一葉に親戚筋の人らしいです。是非この人に都庁ガイドの本を書いて欲しいものです。

というわけで、樋口さんより頂いた都庁ウンチクに関して、裏を取ったものを掲載してみます。
[PR]
by sukura_shinya | 2005-05-06 14:12 | 都庁ウンチク