某研究室のHP管理人がぼやくblog


by sukura_shinya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:科学ニュース( 71 )

ご家庭でできる低温実験

実験室で合成の際に、エタノール+ドライアイスで寒剤を作り、-80℃付近の環境を作ります。それを実験室以外でやってみたのが以下。
@nifty:デイリーポータルZ:-80℃で花やバナナを凍らせて
言われてみれば、アルコールとドライアイスさえあれば家でもできるじゃん。
参考:寒剤
[PR]
by sukura_shinya | 2006-05-10 13:57 | 科学ニュース

「クオークは液体」

宇宙の始まりはしずく? 「クオークは液体」と発表

物質の最小構成単位は原子であると学校で習うわけですが、実際は原子も電子、原子核に分けられ、原子核も陽子と中性子に分けることができます。
さらに、電子、陽子、中性子を分けることができ、これがクオークと呼ばれるものです。今のところ、クオークはこれ以上分解できないと考えられています。

で、今回そのクオークが宇宙の初期状態では液体のように振舞ったのではないかということが新たに発見されたそうです。予想では気体のように自由に振舞っていたと考えられていたので今回の発見には宇宙創成の謎が新たに増えたようです。
まぁ、素人考えですが、加速器の性能を上げてより高温の宇宙を作り出せたら相転移が起こり気体のクオークも観察できるのではないかなと思います。
[PR]
by sukura_shinya | 2005-04-19 10:56 | 科学ニュース
インクジェットが骨折も治す
生きた細胞をインクの代わりに幹部に噴射するそうです。

料理も作れるインクジェットプリンタもあるようなので驚くには値しない?また、インクジェットプリンタで基板を作ると言う技術も進んでいるのでこれからはインクジェットプリンタが科学における一つの分野に!?
[PR]
by sukura_shinya | 2005-04-08 10:15 | 科学ニュース
電子ペーパーを使った腕時計、セイコーエプソンらが開発

さすが電子ペーパー。文字盤が曲がってるよ!
これにより、時計やその他のデザインに新たなる風が巻き起こるのではないでしょうか。

ところで、有機ELはいつになったら商品化されるのかね。いつまでたっても携帯のディスプレイに使われないし。
[PR]
by sukura_shinya | 2005-04-04 12:33 | 科学ニュース
空中に絵や文字描く装置、川崎の企業と慶大が開発

すげ~
立体映像ディスプレイと言えば日立も作ってますけど今回のは反射板や霧を利用しなくても投影できる点がすごいな。
レーザーで空気を直接加熱しているのもすげーって感じです。
[PR]
by sukura_shinya | 2005-04-01 17:10 | 科学ニュース
メンデルの法則を覆す研究結果、米国の科学者チームが発表

メンデルの法則って中学校で習ったな。
遺伝病などが発症するかどうかもメンデルの法則に則っているそうな。
ところでメンデルの実験結果は統計学的にも数値が非常に綺麗であるそうです。綺麗でありすぎるゆえに逆に疑われたこともあるようです。しかし、現在も残っているという事は正しいと認識されているのでしょう。

ところで、今回の記事はメンデルの法則そのものを覆すということではなく、例外も存在するよということのようです。ただ、これまでにその例外が発見されていなかったので面白いわけです。
また、突然変異を修復する機構が存在するようである、って所も要注目。
[PR]
by sukura_shinya | 2005-03-28 14:13 | 科学ニュース

NASA World Wind

地球全体から道路1本まで眺められるNASA製3D地球儀ソフト「NASA World Wind」

NASAの衛星写真の立体地球儀ソフト。マウスの左ドラッグで移動。ホイールスクロールで拡大、右ドラッグで視点を傾けることができます。
NASAからダウンロードできますが、170MBとかなり重い。さらに、アプリケーション自体も動作がかなり重いですが、面白いソフトです。日本ではランドマークぐらいしか視認で着ませんがアメリカ国内なら、建物1軒まで見ることも可能。

というか、これで遊んでいたら研究室のHPの更新し忘れた
[PR]
by sukura_shinya | 2005-03-10 14:03 | 科学ニュース

自分で動き回る油滴発見

自分で動き回る油滴発見

研究室のHPに行ってみたんですが、詳細は分からず。Physical Review Lettersもin Pressですし詳細不明です。
元は化学の測定屋さんっぽい感じですが、最近ではDNAやヌクレオチド、リポゾームなど生物の細胞のモデル構造を研究しているようです。

洗剤の溶液中で見られる現象という事は、界面活性剤が油を包み込みミセルを作っているのでしょう。この、界面活性剤が油を包む=細胞という感じでしょうか。
[PR]
by sukura_shinya | 2005-03-08 20:26 | 科学ニュース

虫歯再生

歯のエナメル質、再生に光 強酸使って再結晶化に成功

虫歯が無いので虫歯の苦しみが良く分かりません。
ここでの強酸はりん酸のようです。エナメル質はりん酸カルシムの一種なので、りん、カルシウムとりん酸が再結晶するということなんでしょうか。
初期虫歯くらいなら、完全に再生できるそうです。

関連FAP美白歯科研究会
[PR]
by sukura_shinya | 2005-02-25 16:51 | 科学ニュース

今度はゼラチンだ!

カーボンナノチューブを配向させて偏光発光性フィルムを開発(産総研)
産総研、カーボンナノチューブを配向させて偏光発光性フィルムを開発(日経)

様々な応用が考えられているカーボンナノチューブですが、単層ナノチューブはその長さと相互作用により非常に絡まりやすく、凝集しやすい性質があります。凝集すると本来の性質を示しません。そのため、カーボンナノチューブの性質を発現する為にほぐす必要があります。ほぐす方法としては、眼鏡などの戦場にも使われる超音波を使うと言う方法もあるます。そのほぐす方法として、ゼラチンに分散させたのが今回のポイント。
記憶があいまいで申し訳ないですが、電子的な相互作用のためゼラチン自体にカーボンナノチューブを分散させる性質があったと思います。
カーボンナノチューブが分散したゼラチンを引っ張ると、カーボンナノチューブはその引っ張った方向に配列し、その配列した方向で発光の強度が変わる、というのがこの研究の面白いところです。


フィルムを伸ばすと、フィルム内の高分子は延伸方向に配列するという非常に簡単で古典的な手法なんですが、これによりカーボンナノチューブを簡便に配列することができ、さらに偏光発光性を発現したというのは非常に面白いと思います。


昨日のナタデココでディスプレイもそうですが、食物由来成分がディスプレイ業界を変えるのか?ならば、コンニャクにもさらなる光明が?
[PR]
by sukura_shinya | 2005-02-22 19:27 | 科学ニュース